RECRUIT 新卒採用サイト
 
 
 
 

両立支援の取り組み

 
 
 

 
山久は「次世代育成認定マーク(愛称:くるみん)」を取得しました。「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受けた企業の証が「くるみんマーク」 です。 2014年に第1回目の一般事業主行動計画の推進が評価され「くるみんマーク」認定を受け、その後、2022年には高水準の取組みを実施しているとして「プラチナくるみん の認定が認められました。

 

 

プラチナくるみんマークとは?

 
 くるみん認定を既に受け、相当程度両立支援の制度の導入や利用が進み、高い水準の取組を行っている企業には「プラチナくるみん」が認定されます。
 「くるみん」という愛称には、赤ちゃんが大事に包まれる「おくるみ」と、「職場ぐるみ、会社ぐるみ」で仕事と子育ての両立支援に取り組もうという意味が込められています。
 
  

 
 

今後も社員にとって働きやすい職場づくりを目指し、両立支援活動を進めていきます。


子どもの保育園行事や予防接種など子育て中の社員が気軽に休暇を取り積極的に育児に参加できるよう、(2年目以降持ち越すことができない)有給休暇日数を充当した「子育て推進休暇制度」を創りました。この休暇を取得し、積極的に育児に参加している社員は、仕事にも意欲的に取り組むことができると社内の活性化にも繋がっています。
 


2020年、これまで女性社員のみだった育児休業を男性社員が初めて取得しました。
社員からは「育児の大変さが身に沁みました。母親の偉大さに感謝し、復帰後も協力していきます!」と感想を頂きました。今後も男女問わず、自然に育休が取得できるような環境を整え、後に続きやすい社風を作っていきます。

 


子育て支援活動の一環として「子ども参観日」を開催しています。
「子ども参観日」は、学校での「授業参観日」とは逆に、子どもたちが保護者の職場を見学する取組みです。社員の子どもたちが、パパやママ達の働く会社を知ってもらおうと職場の見学会を行い、社員の家族とも交流も進めています。
 

   

 
 
 
 
 
 

 

ホスピタリティ