RECRUIT 新卒採用サイト
 
 
 
 

SDGsへの取り組み

 
 
 

 
 
SDGs(持続可能な開発目標)は、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までに持続可能でより良い世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない」持続可能な多様性と包摂性のある社会の実現を誓っています。
 

 
山久は、17の目標から山久に関連するテーマを「SDGs行動宣言」として掲げました。
 
 

 
 社会的責任を無視した非人道な営業や、環境を著しく破壊する行いをすれば、長期的には淘汰されることに間違いはありません。しかし、ひたすらに「環境配慮」だけを行っても、山久の持続可能性は向上しません。
SDGs活動を通して 「地球上で最高に安心な企業」を目指します。
 事務局長として伝えたい事は『無関心を無くす』ことです。 SDGsは環境問題の解決だけではありません。貧困、飢餓、ジェンダー平等など17の目標がありますが、根本はどこまで自主的に取り組めるかだと思います。 マザー・テレサの名言にあるように『愛の反対は憎しみではなく無関心』です。関心という愛を持ってこれからも社会に参加していきましょう! 

SDGs事務局長 野瀬 佑介

 



 
2021年、MLGs(マザーズレイクゴールズ)に賛同表明しました。MLGsとは、2030年までに達成するべき琵琶湖保全のための共通目標です。 国連が定める「SDGs(持続可能な開発目標)」を、より身近に落とし込んだ、いわば琵琶湖版のSDGsとも言えるのがMLGsです。琵琶湖、そして地球を持続可能にするための共通の目標となります。
 
   

 
 
 
 
 
 

 

サステナビリティ